2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

初めの一歩

乗馬

競馬学校の専門学校を通信教育で受けるなら、様々な教育現場について知らなければなりません。
プロとは言っても、それぞれの個性的な能力を備えた人達がいるため、その教え方も全く違ってきます。
中でも難しいとされるのは、騎手同士の駆け引き等の心理的な部分です。
心理学を学んでいたとしても、スポーツの世界でしかも馬と言う動物が絡んでくるわけですから少し特異なものとなります。
これを学ぶには、実際の現場で訓練を重ねるしかありません。
一人で独学で学ぶのではなく、様々な人とレースを行ってその中で培われて行きます。
そのために多人数が参加する専門学校へ行く事が、かなりのメリットとなるのです。
例えばよく言われるのが、馬のムチの使い方です。
叩き過ぎれば興奮し過ぎてリズムが崩れてしまいますし、叩かなくてもそれはそれで落ち着いてしまいます。
まずは馬との駆け引きを学ぶ所からスタートします。
日頃から自分の調教する馬のスタミナや性格を知っておかなければ、レースになってどのようにムチを叩けば良いのか分からなくなります。
例えばスタートダッシュの早い馬なら、最初の段階ではムチを叩かないようにした方が良いと言えます。
やる気になっている馬を更に興奮させても、それ以上のスピードやパワーが出ないからです。
逆にスタミナ型の、長距離に向いている馬なら前半から後半にかけてまんべんなくムチを叩いてあげるのがコツになります。
その回数や頻度も、競馬学校の通信教育で学んで行きます。